Home 院長ご挨拶 診療予定表 セルフチェック アクセス
サービス案内
   
   Q PETとはどのような検査ですか?
 
 
   

 
 
最近、病気の早期診断にPETという検査が注目を浴びています。乳腺領域でも、乳癌の診断から転移の検索、化学療法などの治療後の判定など、さまざまな場面で活躍する検査として脚光を浴びています。
 

 
PETとはPositron Emission Tomographyの略で、陽電子(ポジトロン)を放出する薬剤を体内に注入することにより、病巣を探すという検査です。FDG‐PETといい、フッ素 で標識したフルオロー2‐デオキシグルコース(18F‐FDG)というブドウ糖に類似した薬品を使用します。これは1日たてば尿中に排泄されるので、安全 です。最近、放射線の被曝が問題となっていますが、この検査はバリウムを使用した胃の検査より、被爆量は少ないといわれています。
 

 
18F‐FDGは、ブドウ糖に類似した薬剤なので、ブドウ糖をエネルギー源としている脳、脂肪酸とブドウ糖をエネルギー源としている心臓、ブドウ糖とアミ ノ酸をエネルギー源としているがん細胞の検査に優れています。すなわち、脳血流障害(脳梗塞)、心筋血流障害(狭心症、心筋梗塞)の診断、癌の発見に有効 です。
 

 
しかしPETも万能ではありません。癌の中にも分かるものもあれば、分からないものもあります。PETの保険適応疾患は肺癌、乳癌、大腸癌、膵臓癌、転移 性肝癌、悪性リンパ腫、頭頚部癌、脳腫瘍、原発不明癌、悪性黒色腫、虚血性心疾患、てんかん(手術予定)です。PETで分かるものは癌の早期発見(検診目 的)と癌の再発の有無です。PETの解像能力は高く、1cmを超えるものは描出されます。また乳腺の診断において、1cmを越えるものは、良・悪性の区別 がつくものも多いといわれているので、乳癌の診断は比較的容易です。しこりの大きさが2cm以下のものを早期乳癌としているので、PETを使用すること は、早期発見につながります。
 

 
そしてPETのもうひとつの利点は、低浸襲(痛くない)ということです。その方法は18F‐FDGを静脈内に注射し、約40分安静にして全身に薬が行き渡るのを待ち、その後仰向けになって全身の写真を撮影するだけで済みます。
 

 
しかし残念ながら検診目的の検査は、今のところ保険適応外です。また、乳癌術後再発や遠隔転移の検索は、1回の検査ですべてが描出されるので発見が容易で すが、腎癌、膀胱癌、前立腺癌(FDGが腎臓から尿中に排泄されるため、診断が困難となる)は、PETでは発見できません。
 

 
PETは、簡単かつ確実に病変を描出できる検査なので、すぐにでも取り入れたいのですが、この検査はまだ新しい検査であり、機械を保有している施設も少な く、費用も保険適応疾患においては3割負担で約23,000円、保険適応外だと75,000円と、そう安くはありません。これからの普及に期待したいと思 います。

(平成16年6月1日)
 
 
 乳腺について 乳がんについて 診察・治療について 手術・治療後について その他 (気になる症状など)  
                                                 

privacy policy
Copyright(C) 2011 OBCC All Rights Reserved.