Home 院長ご挨拶 診療予定表 セルフチェック アクセス
サービス案内
   
   Q セカンドオピニオンとは?
 
 
   

 
 
みなさんは、乳腺にしこりを触れて病院を受診し、さまざまな検査の後、不幸にも乳癌と診断された場合どうされますか? 逆にとても心配で受診したのに、 まったく異常を指摘されず、納得のいく説明を受けられなかった場合どうしますか? 以前は確かに医師のいうことは「絶対」という時代もありました。しか し、医療現場には「インフォームドコンセント」という言葉があります。我々医師が患者様に納得のいくような説明をするのは義務であり、患者様は同様に自分 の置かれている状態を把握する権利があります。このようなインフォームドコンセントがあって、初めて医師と患者との信頼関係が生まれるといっても過言では ありません。医師からの説明を受け、少しでも疑問点があった場合は遠慮せずに質問したほうがよいと思います。
 

 
それでもまだ疑問をもたれたら、別の施設で診察を受けてみてはいかがでしょうか? 第二の意見、すなわち「セカンドオピニオン」です。2ヶ所の施設で診察を受け、治療施設を選ばれてみてはいかがでしょうか。
 

 
しかし「セカンドオピニオン」にあたっては注意点もあります。最初にセカンドオピニオンを求めに行く場合、できれば最初の施設の先生にその旨をお話し、紹 介状および資料を貸してもらうことをおすすめします。といっても患者様は「そのようなことを医師に話すのは申し訳ない」とか「怒られるのでは」などと思 い、言いづらいかもしれません。しかし、我々は求められれば情報を提供しなければならない義務がありますし、言われることによって気分を悪くする医師は意 外と少ないのも事実です。これを行うことで、同じ検査を最初からやらなくて済みますし、情報提供書と資料があれば我々は患者様の状態を即刻把握することが でき、必要最小限の検査で診断にたどり着くことができます。とても大切なことなので、ぜひ勇気をもって言って下さい。
 

 
次に、セカンドオピニオンで行った施設でも納得いかない場合はどうでしょうか? セカンドオピニオンはあくまで第二の意見で、サードオピニオンとはいいま せんよね? 我々は患者様に分かりやすく説明しているつもりでも、なかなか伝わっていないことが多いのです。「推奨治療」というものがあり、我々はそれに 従って治療を進めていくのですが、医師により多少ニュアンスが違ったり、その過程が微妙に異なったりする場合があります。ということは、複数の施設で診察 を受けると、その分、逆に頭の中が混乱する危険性があります。ですので、意見を求めるのはせいぜい2ヶ所にとどめ、その時点で頭を整理するのがよいでしょ う。
 

 
当院でも、セカンドオピニオンに訪れる患者様は多数いらっしゃいます。しかしセカンドオピニオンには時間がかかります。日常外来の中に組み込むのは、予定 している患者様の待ち時間が長くなる可能性があるので、別枠で行っている施設が多いようです。ですので、セカンドオピニオンを求める場合は、その施設に一 度確認の連絡を入れることをおすすめします。
 

 
人生は一度です。そして皆様は最良の治療を選択する権利があります。どうかセカンドオピニオンを上手に利用してください。

(平成16年2月25日)
 
 
 乳腺について 乳がんについて 診察・治療について 手術・治療後について その他 (気になる症状など)  
                                                 

Copyright(C) 2011 OBCC All Rights Reserved.