Home 院長ご挨拶 診療予定表 セルフチェック アクセス
サービス案内
   
   Q 乳がんと浮腫の関係について教えてください?
 
 
   

 
 
浮腫とは一般的にリンパ浮腫のことを指します。乳がんや子宮がんの術後に生じる事が多いです。乳がんの場合は腕に、子宮がんの場合は足に生じます。
 

 
ところでリンパ液というものをご存知ですか? リンパ液とは体液の一部です。ちなみに血液も体液の一部です。血液の流れる管を血管。リンパ液の流れる管をリンパ管といいます。血液の流れは、まず心臓から太い血管(大動脈)の中を流れ、全身を回りながら次第に細くなり、毛細血管の中に到達します。毛細血管から滲み出した体液の大部分は、静脈の中へ入り、心臓へ戻っていきます。一方、毛細血管から滲み出した体液の一部はリンパ管の中へ入り、最終的に首にある静脈へ戻っていきます。リンパ管の間には、ところどころに関所のようなものがあり、これをリンパ節といいます。乳がんの手術をするときリンパ節を切除しますよね。これは癌細胞がリンパ管の中を通ってリンパ節に宿るからです。リンパの流れを遮断することで、リンパの流れが停滞し、むくみを生じます。これをリンパ浮腫といいます。ということで、リンパ浮腫の生じるいちばんの原因はリンパ節郭清でしょう。太い経路は遮断されても細い経路は残っているので、手術をした人の全例に浮腫ができるわけではありませんが、ちょっとした事で生じてしまいます。
 

 
次に起こりうることは、放射線治療です。リンパ管の構造は非常に薄いので、放射線照射により、障害を受けやすいといわれています。また術後に使用する抗癌剤の影響で、リンパ管の壁が障害を受け、浮腫を生じることもあります。それにはもちろん個人差があり、生じる人も生じない人もおり、またいつ生じるかも分かりません。しかし、ひとたび浮腫を生じてしまうと、なかなか元には戻りません。

 
そこで、乳がんの治療を受けた患者さんは、常日頃から浮腫を生じないように心がける必要があります。まず患側の腕を傷つけないで下さい。包丁などで切ってしまったら、しっかりと処置をしてください。虫に刺されてもかきむしらず、また、日焼けで皮膚をいためないようにしてください。このようなことで、リンパ浮腫は容易に起こります。また、患側の腕に過度の負担をかけないでください。運動をし過ぎると乳酸が発生し、筋肉をいためますし、免疫力が低下します。リンパの流れがうっ滞するのもよくないので、重いものをひじに下げるのもやめましょう。一方、適度なストレッチ運動や、リンパマッサージは浮腫の予防に効果的ですので、ぜひ行ってください。
 

 
それでは、不幸にもリンパ浮腫が生じてしまった場合はどうしたらよいでしょうか? 局所療法としては、リンパマッサージを行うことや、適度に締め付ける弾性スリーブ(サポーターのようなもの)を装着することです。これにより、うっ滞したリンパ液を心臓の方向へ戻してあげるのです。就寝時に腕の下に枕を入れ、心臓より高い位置に持っていくのも、症状改善効果があります。また、効果はいまひとつですが、薬物的には利尿剤や、漢方薬を使用します。

(平成15年11月21日)
 
 
 乳腺について 乳がんについて 診察・治療について 手術・治療後について その他 (気になる症状など)  
                                                 

privacy policy
Copyright(C) 2011 OBCC All Rights Reserved.